ASPについて

さて、今回はアフィリエイトをするために必要なASPについて説明します。

ASPとは、間違える人もいるのですが、「ASP」と※1検索エンジンにタイプして

まず最初にWikipediaやIT用語辞書で出てくる、

“アプリケーションサービスプロバイダーの略”のことではありません!!

 

アフィリエイトに関係するASPとは

アフィリエイトサービスプロバイダー”の略です。

これはアフィリエイトとは?でも説明しましたが、

広告主とアフィリエイターをつないでくれる媒体のことです。

 

もう少し詳しく言うと、たとえば、、、

使ってみて良かったシャンプーをほかの人にも教えてあげたいと思って、

自分のブログでその商品を使った感想とかを書いて、

そのシャンプーが購入できるページを紹介してあげて(そのページに※2リンクを張って)

誰かがそのシャンプーを買ったとしても、自分の利益にはなりませんよね。

 

でももし、このシャンプーを作っている企業が、商品を宣伝したいとして、

ASPに広告主として登録していたとします。

そして自分もASPにアフィリエイターとして登録します。

そして紹介したい商品があれば、その企業と提携を結んで、

自分専用のリンクを作成します。

そしてそのリンクを自分のブログやサイトなどに張って、

そこから閲覧者がその商品を購入すれば、自分の報酬になるわけです!!

 

このASPという存在があるおかげで、

広告主はテレビなどの高い広告費をかけずに、

自社の商品に関心をもっている人に広告をブログ・サイト上で出してもらえることができるし、

商品を購入してくれたら初めて報酬を支払えばいいので、

広告費をかけたのに売れない!というリスクを減らせるわけです。

 

またアフィリエイターにとっては、ASPに登録することで、

どんな広告主がどんな商品を紹介してほしいのかを探すことができるし、

自分のブログを通して商品が売れたのに、広告主が報酬を支払ってくれない

というような理不尽なことが起こらないように仲介をしてくれる役目も果たしています。

 

また、そんな仲介役のASPも、広告主からサービス料や手数料などをもらっています。

 

こうやって、広告主、ASP、アフィリエイターは、お互いウィンウィンの関係で

成り立っているんですね~。

 

 

ではそのASPなんですが、実は一つじゃなくて、結構たくさんあるんです!!

中には詐欺の案件ばかりを扱っているASPや、

商品が売れても報酬を支払ってくれない悪ーいASPもあるそうなので、

おすすめのASPを次回紹介しますね!!

 

※1検索エンジン…インターネット上に存在する情報を検索する機能

代表的なもの;Google、Yahoo、Microsoft

※2リンク…インターネットのとあるページから、別のページに移動する仕組み。

コメントを残す

サブコンテンツ

おすすめ無料書籍☆Amazon電子書籍ベストセラーランキング第一位!!

このページの先頭へ