“Google アドセンス”の審査を一発で通るためのコツ

こんにちは、ユンママです。

 

今日はASPのなかでも、審査が厳しいといわれてる

“Google アドセンス”審査を一発で通るための情報をお伝えしていきます!

 

他のASPは審査がないものも多いのでいいのですが、

Googleアドセンスの場合、何も考えずに名前だけのような内容のないブログを作って

1記事だけ書いて審査に出しちゃうと、

私の旦那様のように落ちてしまいますよ(笑)

 

まぁ、落ちても何度も審査を受ければいいんですが、

時間も無駄になっちゃうので、ぜひ一発で通りたいですね☆

 

また、Googleのアカウントを停止されてしまうと、

今まで使っていたいろんな機能が使えなくなったり、

復旧できなくなる場合もあるそうなので、

Googleポリシーに違反するようなことはくれぐれも気を付けてくださいね!!

 

以下に一発で審査を通るためのポイントをご紹介します!!

 

1、5記事以上、1記事500字以上の内容の記事を書く

2、自分のオリジナル記事を書く(コピペはダメ!)

3、GoogleのAdSenseポリシーに違反しない(特にアダルトに気を付ける)

4、リンクは外部・内部ともになるべく張らない。

5、動画や写真は載せない。(載せるとしても、著作権や肖像権に気を付ける)

6、アドセンス以外の広告は載せない。

6、一次審査の審査中もできる限り毎日更新する。

 

以上です。

これを踏まえて、今あるご自分のブログを審査に出してもいいですし、

審査用に新しくブログを作ってもいいでしょう。

ただし、今ある記事がかなり多くて修正が大変な場合は、

新しく作った方が絶対に簡単です!!

 

ではもう少し詳しく一つ一つ見ていきます。

 

 

1、5記事以上、1記事500字以上の内容の記事を書く

これは人によってアドバイスは違いますが、

私の場合は300字以上15記事以上で通りました。

あまりにもペラペラじゃなければ、大丈夫なんでしょうね。

これくらいだったら新しくブログを作って、のほほんとした日記を書いていけばいいでしょう。

 

2、自分のオリジナル記事を書く(コピペはダメ!)

Googleはコピペの記事を嫌います。hiyoko_baby

わからないだろうと思ってもグーグル先生にはお見通しなので、

自分オリジナルの記事を書きましょう。

 

3、GoogleのAdSenseポリシーに違反しない(特にアダルトに気を付ける)

これは結構大事で、ちゃんと気を付けないとGoogleアカウントの停止にもなりかねません。

何気なく使っている言葉の中でも、NGワードって含まれてるんです。

たとえば、「たばこ」「ビール」といった未成年禁止のジャンルの言葉や、

「死亡」「自殺」といった人の死に関する言葉

子供が見ても大丈夫な内容、をイメージして書くといいです。

〈参考〉アドセンスプログラムポリシーガイドブック

 

4、リンクは外部・内部ともになるべく張らない。

私の場合は多少リンクを張ってあったブログでも通ったのですが、

話によれば、Googleはリンクを張ったページを嫌うので、

審査の期間はリンクを外す、あるいはリンクの張ってないブログを作った方がいいです。

たとえば、ブログランキングのバナーなども載せない方がいいでしょう。

 

5、動画や写真は載せない。(載せるとしても、著作権や肖像権に気を付ける)

動画や写真は著作権の問題があるので、一切載せない方がいいとおっしゃる方も多いのですが、

私の場合は、自分の撮った写真ならいいだろうと思ってそのまま審査を受けました。

結果OKでしたが、その場合でも、背景に写ってしまった

通りすがりの人が識別できるような写真は載せないようにしました。

心配な人は、文字だけの日記を書けば安心です。

あとは、アダルトと間違われるような写真も避けましょう。

 

6、他の広告は載せない。(シーサーブログがおすすめ)

他の広告、特にアダルトの広告が載ってしまうと審査に通りにくくなります。

シーサーブログの場合、広告を手動で消すことができます。

私は、スマホの広告を消すことができなかったのですが、

審査には通りました。

7、一次審査の審査中もできる限り毎日更新する。

私の場合は、一次審査通過から二次審査が通るまで1週間くらいでした。

最初の3日くらいは毎日更新してましたが、

そのあとは1日おきでしたが大丈夫でした。

 

どれも申請期間中に気を付けるべきことなので、

審査通過したら、リンク張ったり写真を載せたりしても大丈夫ですし、

もともと自分の持っているブログやサイトにアドセンスを載せてもOKです。

ただし、グーグルのAdsenseポリシーは常に守るようにしましょう!!

 

では、グーグルアドセンスのアカウント取得までの流れはまた次回お伝えしますね☆

コメントを残す

サブコンテンツ

おすすめ無料書籍☆Amazon電子書籍ベストセラーランキング第一位!!

このページの先頭へ